芸能、エンタメ、特ダネ

日々の特ダネや話題の情報を取り上げています。

記事一覧

YOSHIKI、カーネギーホールで2DAYS開催

芸能
YOSHIKI、カーネギーホールで2DAYS開催 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000999-bark-musiYOSHIKIが、ニューヨークのカーネギーホールにて2DAYS公演を開催…

記事を読む

ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」を発表

ニュース
最高のタイミングで世に放たれた ピコ太郎の幸運と信念 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000006-nkgendai-ent 伝説的なポップ・アーティストとして知られ…

記事を読む

太川陽介&蛭子能収 卒業

芸能
太川陽介&蛭子能収で人気になった『路線バスの旅』から卒業するそうです。毎回違うゲスト(マドンナ)を迎え路線バスを乗り継いで旅する企画時刻表片手に時間と戦いって…

記事を読む

YOSHIKI、カーネギーホールで2DAYS開催

YOSHIKI、カーネギーホールで2DAYS開催 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000999-bark-musi

YOSHIKIが、ニューヨークのカーネギーホールにて2DAYS公演を開催、あわせて大阪城ホール、東京国際フォーラム3DAYS、香港大会場でもコンサートを開催


大阪城ホール、東京国際フォーラム3DAYS、香港大会場での<YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第2弾>は、2016年12月5日(月)からの開催だ。

ニューヨークでの「JNTO訪日観光セミナー」にて行われたスピーチで明らかにされたもので、これによりYOSHIKIはロックでのマジソン・スクエア・ガーデン公演に続き、クラシックでのカーネギーホール公演を行う唯一無二の世界的アーティストとなる。

クラシック音楽の聖堂カーネギーホールで開催される<YOSHIKI CLASSICAL feat.Tokyo Philharmonic Orchestra>は、その名の通り、日本から東京フィルハーモニー交響楽団47名を帯同した“ALL JAPAN”で開催される。

「シューベルトやベートーヴェンに影響されて、4歳からピアノのレッスンやクラシックの勉強をはじめました。

幼少期にトランペットも5年ほどかじり、10歳から作曲を始めました。

その後、並行してロックの道にも進み、一昨年前にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで公演を行い、一つの夢がかないました。

今回、クラシックのアーティストとしてカーネギホールで公演をすることができて、また一つの夢がかないます。

今回は、東京フィルハーモニックオーケストラとの共演ということで本当に光栄です。

ロックで学んだ経験を活かし、クラシックとしてもある種の革命を起こせればと思っています。

」──YOSHIKI2013年にリリースされたクラシック・アルバム『YOSHIKI CLASSICAL』は、全世界に配信され10カ国以上で1位を獲得し、クラシック作品としては異例のセールスを記録しているが、自身初のクラシックコンサートツアーとなった<YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014>は、世界10カ国計13公演(コスタメサ、サンフランシスコ、メキシコ・シティ、モスクワ、ベルリン、パリ、ロンドン、上海、北京、バンコク、台北、東京、大阪)で行われ、世界各地で大絶賛を浴びる実績を残している。

コンサートではクラシック曲とともに、X JAPANの楽曲も大幅にアレンジされ、弦楽六重奏の生演奏と共に美しいメロディを奏でていた。










ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」 ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」 ピコ太郎 新曲 「I LIKE OJ」を発表

最高のタイミングで世に放たれた ピコ太郎の幸運と信念 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000006-nkgendai-ent

 伝説的なポップ・アーティストとして知られるアンディ・ウォーホルは、かつて「誰もが15分間は世界的な有名人になれる時代が来るだろう」という言葉を残した。

彼が世を去ってから約30年後、東洋のかなたからたった1分足らずの動画で世界を変えてしまう男が現れた。

 彼の名はピコ太郎(53)。

その男が手がけた「PPAP」と名付けられた奇妙な楽曲は、インターネット上の口コミを通じて瞬く間に世界各国に広まった。

 動画サイトで検索してみると、世界中のミュージシャンや一般人が、音楽をリミックスしたり彼の真似をして踊ったりしている動画が数多く見つかる。

これほどわずかな期間で世界中に知られるタレントが現れたのは、日本の芸能史上初めてのことだろう。

耳に残る楽曲と、思わず真似したくなる振り付けで世界に革命を起こした。

 そんなピコ太郎のプロデューサーを務めているのがお笑い芸人の古坂大魔王(43)。

芸人でありながら楽曲制作やアイドルプロデュースなどの仕事にも携わり、マルチな才能を持っていた。

もともと古坂は「底ぬけAIR−LINE」というコンビを結成しており、90年代後半には「ボキャブラ天国」「爆笑オンエアバトル」などにも出演。

その頃から音楽やダンスを取り入れたネタを得意としていた。

彼の中では「笑いと音楽の融合」というのがひとつの大きなテーマだったのだ。

■目指すは東京五輪 芸人としてはいまひとつパッとしない時期が長く続いていたが、彼は「笑い」と「音楽」という自分の武器を決して手放そうとはしなかった。

その後、少しずつ時代が彼に追いついてきた。

ここ数年、歌ネタでブレークする芸人が増えている。

また、動画サイトから人気に火がつくパターンも目立つようになってきた。

ピコ太郎の動画はまさに最高のタイミングで世に放たれたのだ。

 やっている音楽は本格的で格好いいが、ピコ太郎自身は「ありが玉置浩二」「驚き、桃の木、20世紀」などと薄ら寒いギャグを連発するマイペースな中年歌手である。

いまや世界的なアーティストであるにもかかわらず、本人にはその気負いがないところもいい。

 昨年末には「NHK紅白歌合戦」にも出場して有終の美を飾ったピコ太郎。

3年後の東京五輪に備えて準備は万端。

スーパーマリオやドラえもんに続いて、世界に通用する日本のキャラクターが誕生した。

(お笑い評論家・ラリー遠田)


















PPAP パイナップル リンゴ おもしろ お弁当バッグ ランチバッグ クールランチバック One Size ブラック

太川陽介&蛭子能収 卒業

太川陽介&蛭子能収で人気になった『路線バスの旅』から

卒業するそうです。

毎回違うゲスト(マドンナ)を迎え路線バスを乗り継いで
旅する企画

時刻表片手に時間と戦いって感じでした。

路線バスだけを乗り継ぐってところが良かったですね。

全国行きつくしたそうで、沖縄だけとのこと
すごいですね。

最近は路線バスも少ないしね。

次がローカル線の旅って企画無いのかな?
人気の宿





“弱小局”返上! テレビ東京 ブレない姿勢で絶好調 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000008-wordleaf-ent

 テレビ東京の勢いが止まらない。

視聴率では、フジテレビ、TBSを抜いて3位(平日19〜23時、プライムタイム)に踊り出ることもしばしば。

経営面でも昨年の上期の経常利益が、91.5%増と民放トップの伸び率を誇っている。

 長らくNHKを含む“5強1弱”と見なされ、民放他局には、相手にもされなかった同局がテレビ離れも叫ばれる昨今にあって、なぜ好調をキープしているのか?■“安定”のテレ東! ブレない姿勢が支持された!! テレ東と言えば、かつて湾岸戦争時に他局がこぞって報道番組を流す中、アニメ「ムーミン」を放送。

また北朝鮮の金正日総書記死去の際には、各メディアが通常番組を急きょ変更し、報道特番を組む中、「大人の極上ゆるり旅」を放送した。

 「『地下鉄サリン』、『同時多発テロ』、『拉致被害者帰国』など、重大な事件や事故を他社が横並びで扱っている状況で、いつもと変わらぬ番組を放送するのがテレ東です。

その周囲にまったく流されないマイペースぶりは、“安定のテレ東”、“ブレてない”として、ネット上では称賛されている」(テレビ誌記者) ともすれば、手抜きとも取られかねない“安定”ぶりだが、じつはこの“ブレない姿勢”が好調の要因になっているのだ。

 「開局も、他社に遅れをとったテレビ東京は知名度も低く、予算も少ないため、スタートから独自路線を貫いていくしかなかった。

それでも、旬は過ぎているものの、中高年に支持の高いタレントを使った旅モノ、早朝深夜のアニメ、経済を柱にしたニュースやドキュメンタリー、素人参加型のバラエティ番組など、視聴率は振るわなくても、それを長く続けてきたからこそ、他局との差別化に成功したんでしょう」(制作会社社員)■人気番組「ローカル路線バス」に見る テレ東スタイル! 得意分野を着々と増やし、長い時間をかけて固定客を取り込んでいったテレビ東京だが、最近では、新たな視聴者層にもその存在感を示している。

 テレ東の十八番、旅モノでこのところ話題なのが、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」だ。

俳優・太川陽介と漫画家・蛭子能収のコンビが女性ゲストを迎え、3泊4日の路線バスの旅を楽しむという内容で、不定期放送ながらここ最近は毎回12〜13%の視聴率を取っており、同時間帯の1位を記録したこともある人気番組だ。

 「制限時間内に路線バスで目的地に向かわなければならないので、普通の旅番組と違って、有名な観光地やご当地グルメをきっちり紹介することはないが、番組全体を包む“ゆるさ”が逆に“味”となっている。

蛭子さんのわがまま、マイペースぶりにイライラしつつ、太川さんの茶目っ気や大人の態度に感心させられる。

蛭子さんが何かしでかすんではないかという期待感で見ている若者も多い」(前出・テレビ誌記者)。








沖縄ホテル
最近の記事
  • SEOブログパーツ

バイト
  • reachWORD

くる天 人気ブログランキング FX初心者 QLOOKアクセス解析
カテゴリ
Copyright © 特ダネ情報発信基地 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます