最高のタイミングで世に放たれた ピコ太郎の幸運と信念 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000006-nkgendai-ent

 伝説的なポップ・アーティストとして知られるアンディ・ウォーホルは、かつて「誰もが15分間は世界的な有名人になれる時代が来るだろう」という言葉を残した。

彼が世を去ってから約30年後、東洋のかなたからたった1分足らずの動画で世界を変えてしまう男が現れた。

 彼の名はピコ太郎(53)。

その男が手がけた「PPAP」と名付けられた奇妙な楽曲は、インターネット上の口コミを通じて瞬く間に世界各国に広まった。

 動画サイトで検索してみると、世界中のミュージシャンや一般人が、音楽をリミックスしたり彼の真似をして踊ったりしている動画が数多く見つかる。

これほどわずかな期間で世界中に知られるタレントが現れたのは、日本の芸能史上初めてのことだろう。

耳に残る楽曲と、思わず真似したくなる振り付けで世界に革命を起こした。

 そんなピコ太郎のプロデューサーを務めているのがお笑い芸人の古坂大魔王(43)。

芸人でありながら楽曲制作やアイドルプロデュースなどの仕事にも携わり、マルチな才能を持っていた。

もともと古坂は「底ぬけAIR−LINE」というコンビを結成しており、90年代後半には「ボキャブラ天国」「爆笑オンエアバトル」などにも出演。

その頃から音楽やダンスを取り入れたネタを得意としていた。

彼の中では「笑いと音楽の融合」というのがひとつの大きなテーマだったのだ。

■目指すは東京五輪 芸人としてはいまひとつパッとしない時期が長く続いていたが、彼は「笑い」と「音楽」という自分の武器を決して手放そうとはしなかった。

その後、少しずつ時代が彼に追いついてきた。

ここ数年、歌ネタでブレークする芸人が増えている。

また、動画サイトから人気に火がつくパターンも目立つようになってきた。

ピコ太郎の動画はまさに最高のタイミングで世に放たれたのだ。

 やっている音楽は本格的で格好いいが、ピコ太郎自身は「ありが玉置浩二」「驚き、桃の木、20世紀」などと薄ら寒いギャグを連発するマイペースな中年歌手である。

いまや世界的なアーティストであるにもかかわらず、本人にはその気負いがないところもいい。

 昨年末には「NHK紅白歌合戦」にも出場して有終の美を飾ったピコ太郎。

3年後の東京五輪に備えて準備は万端。

スーパーマリオやドラえもんに続いて、世界に通用する日本のキャラクターが誕生した。

(お笑い評論家・ラリー遠田)


















PPAP パイナップル リンゴ おもしろ お弁当バッグ ランチバッグ クールランチバック One Size ブラック