兵庫県神戸市内の弓弦羽(ゆづるは)神社は、その名前が男子フィギュアスケートの羽生結弦を彷彿させることから、絵馬に思いをしたためるべく訪れるファンの人気スポットとしても知られる。
必勝祈願で気分も新たに、シーズン開幕に向けて調整のギアを上げていく。













"

羽生結弦は「私を導く光」 復活待たれるソチ五輪王者に米紙注目、熱狂的ファンの声も https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00010009-theanswer-spo

 フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は右足首の負傷により、グランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権を欠場する苦しい決断を強いられたが、平昌五輪の代表メンバーに選出された。



GPシリーズのNHK杯欠場で落胆に包まれたファンにとって「彼は私を導く光」と心の支えになっていることを紹介した。

リンクが黄色く染まった? それは、まるで雨のように…羽生の「プーさんの海」現象の瞬間 ソチ五輪金メダリストには、世界も熱い視線を送っている。

 ニューヨーク・タイムズ紙は、「史上最高のスケーターは、くまのプーさんに囲まれた氷上のマイケル・ジャクソン」と見出しを打って羽生をフォーカス。

羽生の演技後にはディズニーキャラクター「くまのプーさん」のぬいぐるみが投げ込まれてリンクが黄色く染まるなどプーさんが代名詞となっていることに触れつつ、20年以上フィギュア界に携わってきたジャッキー・ウォン記者が、羽生の演技を全盛期のマイケル・ジャクソンになぞらえて表現したことなどを伝えている。